<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レーザー治療、その後

レーザー治療から数週間が経ちました
経過は順調です
自覚症状がなかったので、何とも言えません(笑)

通常ならば通院はとってもなが~く間があいているのですが
手術の後は間隔が短いので横浜へ行く機会が多くて
普段ならあまりしない街中の人込みを経験しました

病院も相変わらずの混雑で
待ち時間は3時間くらいでした
半日つぶれるのは覚悟のうえなので
予定はすべて眼科が主で
その空き時間に、他の予定を入れると言う生活がしばらくは続きそう・・・

それにしても、みんな忍耐強い!
待ち時間が長いなんて文句を言いに行く人がいないのには感心です
それだけ医師の皆さんの腕がいいのでしょう(と、他人事の様に言ってみる104.png

待ち時間が多くて混んでいると言う事は(通路にまで患者さんがいます)
皆さんそれぞれ時間のつぶし方がありまして
本を読む人、ただひたすらに目を閉じている人やらと
いろいろなんですが、時折電話をしている人が数人いるのです(主に通路で待っている人)
待ち時間が長いと、連絡することもあって仕方がないとは思うのですよ
でも、中には続けて何度もかける人がいるのです
あちこちに連絡したいのは分かるのですが
その通話の声で呼ばれた事が分からないのです
スタッフの皆さんはその辺は分かってくれているので大丈夫なのですが
こちらとしては、呼ばれたのかどうか気が気ではなく
イラッとする時もあって・・・(^^;)
ラインとかで何とかできない物でしょうかねぇ

ちなみにわたくしは、腰と肩が痛くなりました105.png





[PR]
by sarara-green012 | 2017-08-28 09:49 | 健康 | Comments(0)

犬に吠えられた・・・(^^;)

またあの犬に吠えられた132.png

近所で飼っている小型犬
十数年たっているけれど相変わらず吠える
それも、犬の種類が変わっているのにも関わらずにだ
これって飼い主の問題だろう
ようするに躾が出来ないのだ!いやするつもりがないのかも
だったら飼わなければいいのにと思うが
その辺の気持ちは
子供のころから貸家暮らしの私には分からない


⏃ ⏃ ⏃ ⏃ ⏃

越してきたころは飼っていなかったのに
いつの頃からか飼いだした
それも4匹とか5匹らしい(4匹までは確認済み)
いつも2匹ずつ散歩させていたけれど
その度に、犬の色が違うので変だなと思っていた
そいう事だったんだ(ナットク)

ウォーキングの途中で時々会うと
激しく鳴きながら、飛び掛かって来そうになるのを
飼い主がリードを引っ張って止める、と言う事が繰り返されていた
会うのはあまり好まないが、狭い地域での事だ
仕方がないと思う

最近は、散歩へ行く事が困難になったのか
半畳ばかりの庭で離すようになった
その家は道路沿いなので、通り過ぎる人や犬、車、バイクなどに吠える
一匹の鳴き声ではない、数匹のなき声が一斉に聞こえるのは
近所の家にも迷惑だろうけど、隣近所だし、これからも付き合いはあるしで
泣き寝入りしているのかも・・・?

そう言っている私も、先日また吠えられた
金網沿いにこちらへ向かって吠えまくっていた
飼い主は吠えている数匹の犬を制止するのに、大変だったようで
挨拶はなしだった
こちらも、あえてするつもりもないので、そのままスルーすることにした

あっ、この近所の家は挨拶程度の付き合いで
話したことはなしです154.png



[PR]
by sarara-green012 | 2017-08-25 11:46 | 出来事 | Comments(0)

緑内障・・・

久し振りの眼科検診です

初めに行った目的は近所の眼科では分からなかった症状を見てもらう為
結果は急性の血行障害で薬の服用で完治した
その間2~3か月くらいだった
なぜ近所の眼科では分からなかったのかは知らないが
この事がきっかけで今の眼科との縁が出来た

前置きはこのくらいで
それから数年がたち、検診の結果に一喜一憂したりしていた
でも今回はちょっと違っていて
今までとは違う検査も含まれていて
何だかいや〜な気持ちがしたのも事実だ
今までもそんな傾向はあったのかもしれないが。。。

今回の検診は(特に視野検査)うまく出来たと思ってほっとしていたら
先生曰く「今回は今までと違った事を話すけど・・・」
さっきの「いや〜な気持ち」を思い出した
検査の結果、私の目は「狭隅角」と言う病名(?)だそうだ
角膜とひとみ(虹彩)の間に隙間があって
そこに目の中を循環している水(房水)が、この隙間にある出口から排出される
私の場合はそこの隙間が狭くて
遠視気味で視力が良かった女性に多いのだとか
そういえば、昔から視力検査のたびに、一番下まで見えたとかいって喜んでいたけど
これってあまり良いことではなかったのねぇ〜
で、これが歳とともに狭くなってきて完全に閉じてしまい
急性緑内障となり、失明する恐れもあるんだとか

いつ閉じてもおかしくないので
その予防にレーザーで穴をあけ房水が出るようにする治療があるんですって!
早ければ早いほどいいと言う事で、その日に施術して頂きました(ビックリ!)
心の準備も何もなかったので、内心はドキドキでした(苦笑)

時間はほんの数分で、椅子に座ってやります
3種類の目薬を差し
目に金属の枠の様な物をはめ、レーザーでバチンバチンと照射します
その度にズキッと軽い痛みがあります(個人差があります)

その後、眼圧の検査をしてこの日は終わります
帰宅する途中から、あたりが薄暗くなり、しみるような痛みが出てきました
我慢できる程度なのであまり気にすることはなくて
次の日には治っています(暗い方は3日位)
生活は普通でいいそうです(お酒もOK)

気が付いた事は、レーザーが終わり少し経った時に
視力が良くなっていた事、でも翌日には少し落ちていたけど(^^;)

追記 え〜っと、飛蚊症は治っていませんでした105.png



[PR]
by sarara-green012 | 2017-08-08 11:38 | 健康 | Comments(0)